消費者のニーズを市場調査で知る方法

新しい商品を開発しようとしたとき、まず知らないといけないことが消費者のニーズです。ニーズがない商品を開発しても売上が上がることがありません。商品開発に費やした時間と費用が無駄になってしまいます。その反面、ニーズに合った商品を開発して販売すれば開発費を大きく超えた売上を期待できます。企業イメージも上がりますし、利益も増えますのでいいことばかりです。新しい商品を開発するときだけではなく、新しい店を出したいときや販売する商品の品ぞろえを考えるときなどにも調べるとよいでしょう。調査結果は今後の経営戦略にも役立つことでしょう。消費者のニーズがどのようなものかは市場調査をすることで知ることができます。調べ方が分からない場合は専門の業者に依頼するといいでしょう。

アンケートを実施してニーズをつかむ

最もよく行われる方法は一般人を対象としたアンケートです。インターネットでのアンケートなどがよく行われます。自分の会社で行うことも不可能ではありませんが、たくさんのモニターを集める作業が大変です。タダでアンケートに答えてくれる人はあまりいませんので、簡単なプレゼントを用意する必要があります。知名度が低い場合はアンケートのために大きく宣伝をしなければいけません。それよりもたくさんのモニターをかかえる市場調査会社に依頼するといいでしょう。そのような会社はもともと数万人のモニターを抱えているためスムーズですし、自社で調査を行うよりも安くなることもあります。たくさんのモニターの意見を聞くことができるため、正確なデータを得られることもメリットの一つです。

正確な情報を得るために行う事前準備

アンケートをすると市場のニーズを掴むことができますが、それには準備が必要です。準備が不十分だとアンケートの設問分なども十分に検討しないまま市場調査会社に渡すことになり、中途半端な結果しか返ってこないということもあります。最初に行うことはアンケートの目的を設定することです。具体的なほどいいでしょう。特定の商品の評価を確認するといったことです。目的を決めたらターゲットや目標とするサンプル数を決めておきます。最も重要な設問も決めなければいけません。多すぎるとモニターも疲れてきて適当になることもありますので、できるだけ数は絞ります。これらのことを決めて市場調査会社に渡すと、その会社は抱えているモニターの中からターゲットとなる層だけを選んでアンケートをとってくれるでしょう。