市場調査を依頼するために掛かるコスト

会社にとっては、今は日本国内の企業とだけ競争していれば良い時代は終わり、海外の日本とは資本力もブランドイメージも異なる企業と競争しなければならない時代になりました。その中で顧客の必要としているニーズを掘り起こしたり、自社の製品やサービスに対して顧客が持っている不満を調査し、自社の製品やサービスを改善する為にも市場調査を行う企業は多いものです。しかし、掛かるコストはその手法や目的、調査対象の広さで変わってきます。まず、この調査をする目的が何であるのかを明確にすることが重要です。調査の目的を明確に出来ないままやみくもに発注をしても、期待する調査結果を得ることが出来ない場合もあります。新市場を開拓する調査なのか、顧客の不満を吸い上げる調査なのかで手法は変わってくるので注意しましょう。

新市場を開拓したい場合の調査対象

新しい新市場を開拓する為に行う市場調査であれば、調査対象は広範囲に渡ります。よく取られる手法としてはインターネットを利用した、調査会社の会員を対象とした調査になるでしょう。対象が何十人という単位なのか、何百人という単位なのかによってかかるコストは当然変わってきます。また、調査項目が増えれば増える程コストは上がります。多くの調査対象者により細かい質問項目を答えてもらうには費用もかかってきますので、もしもコストを抑えたい場合には、調査対象者を絞ったり、質問項目を絞る必要が出てきます。この調査の目的が何であるかという基本に立ち返りながら、本当に必要な質問項目が何かを絞り込んでいくようにしましょう。目的を見失っていると数多くの質問に答えてもらっても目的の結果を得られない可能性があります。

会社の事業促進に欠かせないマーケティング

マーケティングは今の会社経営にとって欠かすことが出来ない要素の一つになっています。マーケティングにかけるコストも上がる傾向にありますが、コンサルティング会社に頼んで市場調査を行うのか、自社で市場調査を行うかのよってかかるコストは変わってきます。コンサルティング会社に第三者の視点からマーケティングを行ってもらう場合にはコストが上がる傾向にありますが、自社調査では見つけることが出来ない視点を提供してくれる可能性があります。また、既存の顧客を対象に会社のノベルティなどをプレゼントに自社でアンケート調査を行う場合には、サンプル数は少なくとも詳細な質問項目にこたえてくれる可能性があります。既に既存の顧客に調査を行う場合には調査コストを抑える一つの方法になってきます。